Google Analyticsで自分のアクセスを除外する超簡単な方法

皆様こんばんは。いつのまにかレイヤー3の世界に強くなったルンビーニです。

本日は、Google analyticsで自分のアクセスを除外する超簡単な方法についてご説明します。

Google analyticsの登録方法等について、後日説明致します。

 

 

Google analyticsについて

Google analyticsは名前の通り、googleが提供している、分析ツールです。Google Analyticsに登録し、分析タグをWEBサイトのヘッダーに貼り付ける事により、分析をすることができます。具体的には、「サイトの訪問者の数」、「1ページあたりの訪問数」、「どこから遷移してきたか」等、サイトへのアクセスに関する様々なデータについて分析することができます。

更に加えると、Google タグマネージャーと組み合わせる事に更に、突っ込んだ分析をする事ができます。Google タグマネージャーの簡単な説明はこちらをご確認下さい。こちらのページでは、「自分のサイト」から「外部ページ」のどこに飛んだかなどを調べる事ができる方法をご説明しています。

ここで問題です。Google Analyticsは全てを分析するため、即ち何もしていない状況だと「自分」の訪問数までカウントしてしまいます。特にWordpressを利用されている方は、「xxxxx.com/wp-admin/」等と、WEBサイト上で編集されていらっしゃる方もおりますし、自分でページの確認のために飛んだものまでカウントされてしまいます。そうなると、正しい分析ができません。

それでは、ここからは分析において自分を除外する方法を説明します。

 

Google Analytics で自分を除外する方法例

方法としては下記のような例があげられます。(他にもありますよ)

・クッキーに特定情報が記録しているかどうか(ユーザー定義やローカルストレージ)
・ログインしているかどうか(WordPressなどシステムによる)
・特定ページからアクセスしてきてるかどうか(リファラ除外)
・特定のIPアドレスやドメインから来てるかどうか

 

この中でも本日は、最も簡単な「特定のIPアドレスから来てるかどうか」についてお話します。

 

特定のIPアドレスを除外する

ここで皆さん思うかもしれません。

「俺の家、動的IPで固定IPなんて契約してないんだけど。。。。」

 

基本的におっしゃる通りです。固定IPを契約されていらっしゃるかたは殆どいらっしゃらないかもしれません。しかしながら、基本的にインターネットへ接続しているアクセス回線を、NTT東西(フレッツ等ですね)でご契約されてる方、ご安心下さい。

 

 

「え?接続するたびにコロコロIP変わるんじゃないの?」

 

それは正しいようで正しく無いです。しかしながら、少し考えることで、殆どIPアドレスを変更せずに利用することができます。ちなみに、ルンビーニはこれから説明する方法で1年ちかくIPアドレスが変わっていません。

 

簡単に説明すると、私達がインターネットに接続する際は、PPPoE接続にてNTT地域側の設備に対して、セッションと呼ばれるものを貼ってインターネットの世界に出れるようにしております。

ここでIPアドレスをかえないためには、セッションを切らない事です。セッションが切れない限り、IPアドレスは基本的に変わりません。

 

それでは、どういったタイミングでセッションが切れてしまうのか?

セッションは関連機器などをリブート、すなわち電源のON/OFFをしない限り変わりません。(再起動、停電等も含みます。)

すなわち、自分の家のブロードバンドルータ等の電源を切らない事でIPアドレスの変更を限りなく少なくすることができます。(NTT側のメンテナンスで設備側の機器調整によってセッションが切れたりすると影響はある可能性はあります。)

なので、まず家のブロードバンドルーター等の電源は切らないようにしましょう。そんなに電源ON/OFFする方もいないと思うので、少し意識するだけだと思います。

 

 

そうする事により、動的IPなのに固定IPのような形で利用ができるわけです。

 

自分のグローバルIPアドレスを確認しよう

それでは、どのようにグローバルIPアドレスを確認すればよいのでしょうか?以下のサイトにアクセスしてください。

https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

サイトにアクセスすると、「あなたのIPアドレス」が表示されますね?

適当に書きますが、130.21.45.180といった4つのブロックで構成される数字列です。(各々第1〜第4オクテッドと呼びます。)

 

 

上記をコピーし、Google AnalyticsにてDeny(除外)して下さい。

そうすることにより、皆様の家からのアクセスがGoogle analyticsに反映されなくなります。もちろんWifiで接続していても一緒です。あくまで、皆様の家からのインターネットへの出入り口は1つ(インターネット契約を複数している場合は別ですよ!)なので、ご安心下さい。

上記は、自分を除外するために何をすればわからない〜といった方にお勧めの一番簡単な方法です。

そして、今まで固定IPがなく困っていた方にも有効な方法となります。

フレッツをご契約されている方は、実施してみてはいかがですか?

 

その他の方法

他にもProxyを通すといった方法もあります。Proxyを通す事により、あたかもグローバルアドレスを持っているようにみえるので、Wordpressや自サイトへアクセスする際は、そのグローバルIPを除外する方法も手であります。しかしながら、公開proxyは他人のサーバーに一度アクセスして、そこからインターネットの世界へでる仕組みになっています。(詳しくは書きません。)

その為、アクセス元の情報を抜くのは容易いことです。みんなが、みんな悪さをするとは言いませんが、セキュリティ的に問題はある可能性があること、ご注意下さい。

 

またもし皆様が、国外在住の皆様をターゲットにサイト運営をされている場合は、日本からのアクセスをカウントしないといった方法も、一つの手段だと思います。

 

まとめ

自分の端末からのアクセスを拒否するといった事が最適ですが、それができない環境や技術の場合は、少し違った観点で攻めていく事も良いと思います\(^o^)/

 

と言う形でルンビーニは、サイト分析に関して自分を除外し可能な限り正しい値を出せるよう努めております。。。。

それではこれから新たなサイトを構築します(´・ω・`)

最後までお読み頂きありがとうございました!

ブログランキング
人気ブログランキングへ

lumbini

三十路間近サラリーマンのルンビーニです。海外を愛し、海外にて育てられ、海外によって性格が大きく変わりました。自由を求めて、インターネットを利用したビジネスをはじめましたが、、、、、上手く行ってません。上手く行っていない部分を赤裸々に日記、備忘録として残していきます。成功事例もあるかもしれませんが、本当に成功したい方は他のサイトを見たほうがよいと思います。笑)使える言語はPHP・HTML・CSS・Matlab等です。サラリーマンではプログラミングは一切使いません。営業ですから…

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です