Pythonのリスト・タプル・辞書で遊んでみた


Pythonは数的処理に強いだけあり、文法やシーケンスにもその側面がよく表れているみたいです。
まだ入門書を読み終わったレベルなので、シーケンスや辞書型の動作で遊んでみました。

シーケンスって?

いわゆる配列と呼ばれる順序がついたものをシーケンスと言います。
具体的には、リストやタプルなんかが該当します。
今回はリスト・タプル・辞書を中心にいじくってみました。

リスト・タプル・辞書の基本

一言で言うとリストはいわゆる配列です。
タプルは更新不能な配列で、辞書はいわゆる連想配列です。
それぞれこんな感じです。

何か作ってみた

試しに2017年の簡易版カレンダーを作ってみました。


複数階層の辞書を作成するのがメインなので、とっても粗悪なコードが出来上がりましたね(笑)
シーケンスを題材に何かを作ろうと思ったらパッとカレンダーくらいしか思いつきませんでした(笑)
当然カレンダーは標準ライブラリにあるので曜日をとってきたいだけならばこうしましょう。


たった2行です。
既存のシステムは最大限に活用するようにしましょう。

追記

全然関係ないですが、ファイル名には気をつけましょう。
うっかりcalendar.pyというファイルを作成してしまい、calendarをimportしたらAttributeErrorが発生しました。
モジュールとファイル名やディレクトリ名は同じ名前にしないように気をつけましょう。

ようやく入門書を読み終わりました。
本当に文法という感じでした、実際にPythonで色々やるには追加で他の書籍がいるかもしれませんね。
文法に関しては細かい挙動まで記載されているのでオススメです。

以上tkでした、ではでは

ブログランキング
人気ブログランキングへ

tk

こんにちはtkです。長いモラトリアムを経て現在は無職。寝ながらお金を稼げるシステムを作れないかと夢想中。。。。 PHP、Ruby、Javaなんかをいじってたりして、Scala勉強中。趣味は映画・海外ドラマ・読書です。何かオススメあれば是非!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です