1分でできるサイト高速化の方法


なんだかサイトが重いなぁ速くならないかなぁ…これってサイトを運営しているしている人なら誰しも一度は考えたことがあるはずですよね。
特にWordPressはやっぱり重たいですよね、特にプラグインをたくさん入れればさらに重く…
今回はプラグインを使わず速攻で効く高速化の方法を紹介します。

まずはサイト速度を測ってみよう

ご存知な方が多いと思いますが、サイト速度はこちらのサイトで行なってみてください。
両方ともURLを入力するだけなので簡単です。

いかがでしたか改善した方が良さそうでしたか?

どうやるの?

その前に今回の方法には条件があります。

  • WebサーバーがApacheである
  • .htaccessファイルが編集可能
  • mod_deflateモジュールが使用可能

不明な場合はレンタルサーバーで確認してみましょう。

以上の条件が揃えばあとは.htaccessファイルを編集していきます。
※いきなり本番環境でやらないように気をつけてください。テスト環境で確認やバックアップを取っておきましょう。不具合が起きても責任は取りかねます。

これを.htaccessに追加しましょう。
そしてApacheを再起動すれば設定が反映されます。
サイトのデザインや挙動がおかしくないか調べてみましょう。
問題がないようなら先ほど測った速度と比べてみましょう。

速度比べてみた(GTmetrix)

現在運用しているサイトで一番効果のあったものがこれです。
元々はプラグインを入れすぎて重くなりすぎていたのがこんなに改善されました。

この結果は元のサイトがやばかっただけで極端ですが(笑)
そのほかのサイトでも明らかに効果が出ていたのは確かです。

なぜ速度が上がるのか

gzipという方法でファイルを圧縮することでデータのサイズを小さくしています。
gzipについて詳しくはgzip圧縮の仕組みがわかりやすいです。
GTmetrixならばEnable gzip compressionという項目が改善されているはずです。

最後に

いかがだったでしょうか?
サーバーサイドはなかなか敷居が高いと思われがちですが、少しづつ勉強していきましょう。
なんども言いますが.htaccessの編集には気をつけてください。
今回の記事はこちらのサイトを参考にさせていただきました。
Page Speed Insightsの点数を上げる「圧縮を有効にする」の方法説明

Page Speed Insightsの点数を上げる「圧縮を有効にする」の方法説明

以上tkでした、ではでは

ブログランキング
人気ブログランキングへ

tk

こんにちはtkです。長いモラトリアムを経て現在は無職。寝ながらお金を稼げるシステムを作れないかと夢想中。。。。 PHP、Ruby、Javaなんかをいじってたりして、Scala勉強中。趣味は映画・海外ドラマ・読書です。何かオススメあれば是非!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です