海外ドラマ「4400」をおすすめしてみる


前回に引き続きおすすめの海外ドラマを紹介してみたいと思います!
今回紹介するのは「4400」です!


ストーリー概要

様々な時代で合計4400人が何者かに連れ去られ、時を超えて現代に突然現れる。
「4400」と呼ばれる彼らは超能力を持っていて社会に様々な影響を与えていく。。。。
といった感じのSFモノです。
SFファンはもちろんそうじゃない方にもおすすめします!
主要キャラはNTAC(国家脅威対策本部)という組織の捜査官のトムとダイアナで、彼らが4400に関連する事件に関わり様々な謎の解明に迫っていきます。

おすすめポイント

主要キャラの二人がまず超能力を一切持たないところがポイントです。
彼らは連れ去られていないので超能力を持ってないんですね。
なので超能力全開でドンパチを繰り返すといったスタイルではありません。
その代わり彼らはめちゃくちゃ優秀で、「なんでこれに気づかないんだよー」「志村後ろ!」みたいなことにはならないので見ていて気持ちがいいです。

彼らは4400ではないですが家族が4400だったりするので、そのあたりの人間模様に比較的重心を置かれているところもおすすめですね。
なので決してほのぼのした感じではないですが、ファミリーものが好きな方でも楽しめるんじゃないかなと。

他には伏線が程よい量で撒かれていて、また伏線の回収タイミングがちょうどよく脚本関係の素晴らしさを感じます。
やはりSFやミステリといったものには謎がつきもので、よく引っ張りすぎたりシーズン1を見ただけだと謎だらけでモヤモヤするといったことが起きますが、「4400」ではそんなことはないのでおすすめします。

日米比べて考えてみた

日本とアメリカの超能力ものを比べてみるとちょっと面白いことに気がつきました。
日本ではめちゃくちゃ強い能力者というのは味方側の主要キャラにはなかなか現れず、能力自体を強化していくことに描写が割かれていることが多いです。
新キャラクターによるインフレなんかが比較的ゆるいんですね。
主人公は若いが恵まれない環境にいたりすることが多く、お金持ちの主人公という設定はほぼ皆無です。
能力者の戦いも能力を全面に使用して工夫や戦いの最中で成長することなんかで決着がつきます。

それに対してアメリカでは、序盤もしくは主要キャラ自体が既に最強クラスの能力を持っていて、能力を得てからの能力自体の強化にはほとんど描写はありません。
序盤からスタートダッシュがかかっているので、えげつないくらいの能力を持った新キャラクターなんかが登場してインフレが激しいです。
主人公の私生活の変化もよく描かれ、経済的な成功なんかも絡めて描かれることが多いです。
これは日本の作品ではあんまり考えられないですよね。
能力者の戦いも弱点を全力でついたり、油断している隙に倒してしまうみたいな感じで決着がつくことが多いですね。

アメリカは結果至上主義で合理的な感じが全面に出ているのに対して、日本では努力至上主義的な感じで出ていますね。
最近では社会がアメリカ的な合理主義な考え方にシフトしつつあるので、このあたりの作品の描写なんかも近づいていくのかもしれませんね。
これらに当てはまらない作品は色々あると思いますが。

まぁ何が言いたいかというと、その辺の文化や考え方の違いや変遷を背景に作品を見てみると今まで気づかなかったことに気づくことがあるので面白いですよねって。

ある日突然何者かに連れ去られ、ある日突然光る球体と共に返された4400人の失踪者。「4400」と呼ばれるようになった彼らは、不思議な能力を備えており、社会に何らかの影響(作中では波及効果と呼ばれている)を少なからず与えていく。事件の謎を「4400」の1人が身内であるトムと相棒のダイアナの2人の捜査官を中心に描く。「4400」のそれぞれは、この60年の間様々な時代から連れ去られていったが、彼らは当時の年齢から一切の年を重ねておらず、また失踪中の記憶も一切保持していない。
出典:href=”https://ja.wikipedia.org/wiki/4400_%E6%9C%AA%E7%9F%A5%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E7%94%9F%E9%82%84%E8%80%85″ target=”_blank”>Wikipedia

以上tkでした、ではでは

ブログランキング
人気ブログランキングへ

tk

こんにちはtkです。長いモラトリアムを経て現在は無職。寝ながらお金を稼げるシステムを作れないかと夢想中。。。。 PHP、Ruby、Javaなんかをいじってたりして、Scala勉強中。趣味は映画・海外ドラマ・読書です。何かオススメあれば是非!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です