ニートでもできた!Ubuntuのインストール


こんばんわ。ルンビーニです。
 
本日は謎の障害を追ったChromebookを初期化しUbuntuを入れてみました。
 
ということで、
 
 
「ニートでもできた、Ubuntuのインストール」
 
 
と題して一部始終を説明します。
 
題名にニートと入れましたが、ニートなのはルンビーニではなくtkですのでみなさん間違えないでくださいね♪
 
なお謎の障害を追った、本日の主役はこの子です。


 
 

デベロッパーモードでログインしよう

まずUbuntuをインストールするにあたり、一番はじめに実施しなければならない事があります。それは、「デベロッパーモード」でのログインとなります。
 
それでは、どのように「デベロッパーモード」にログインするのでしょうか?
 
【esc】+【更新ボタン】+【電源】
 
escは左上のボタンで、更新ボタンはescの右3隣のくるくるマーク、電源は右上のボタンです。
 
この3キーを長押(同時)に押すことで、下図になると思います。

 
 
う〜〜〜〜〜ん。はて?
 
 
とりあえず、この画面にきたら【ctrl】+【d】を押してください。
 
こんな画面がでますね。
 

 
 
ここでハマったハマった。。。はい、私はハマりましたよ。
 
僕の見たサイトには、このページがなかったんだもの。。。。もう、次はログインページになってたよ。。。スペース押せばいいの?わけわからず、スペース押しましたよ。
 
 
みなさんスペースは押しちゃだめですよ?
 
スペースを押すとデベロッパーモードではログインできません!!!!
 
 
ここでも【CTRL】+【d】です!もう一度言いますよ【CTRL】+【d】です。もしくは放置!放置でもビーという音が2回なって、勝手に進行しました。進行したあとの画像がここ。
 
 

 
ここでも放置です〜動くまで待っててください。しばらくするとこんなページに進みます。
 

 
ここでも放置です!赤枠の中に進捗と残り時間が表示されます、それほど時間はかかりません。数分程度です。※画像が荒くてすみません(;・∀・)
 
 
これが終わると難関が訪れました。
 
 
 
またですか!ここも、僕の知っている情報にはありませんでした・・・。またスペース押しちゃったよ。。。。だめですよ!スペースは押しちゃ!!放置【CTRL】+【d】です!!
 
もう一度言います、放置【CTRL】+【d】です!!
 
 
ここまで来たのに、またここに僕はハマって1からやり直し・・・。トホホ。。。。(´・ω・`)
 
 
ここをクリアすると、リブートされて最後にログイン画面が出てきます。いつも通り入ってくださいね。
 

 
 
これでデベロッパーモードでのログインは完了ですヽ(´ー`)ノ
 
 

Ubuntuをインストールしよう

さて、初心者である私はここでも躓きました。。。。
 
 
どこのサイトでも【CTRL】+【ALT】+【t】でOK!と書いてあり、まぁ、もちろん押すことでターミナルが起動します。あ、ターミナルはコマンドプロンプトなやつです。
 
そこで「shell」と打ち込めば、次の動作に進むのですが、何故かエラーが。。。。。なぜだ!
 
 
色々調べていると、【CTRL】+【ALT】+【→】を押すと別のコンソールに入れるようなので、押して見ることに。
 

 
むむ、入れた!てことは、デベロッパーモードになっているな。よし出よう、コンソール画面から出る時は【CTRL】+【ALT】+【←】です。
 
 
もう一回【CTRL】+【ALT】+【t】を押して、ターミナルを起動、「shell」と打ち込む。。。。。
 
 
は、は、はいれた!!!!(;O;)やっとだ・・・・。
 
chronos@localhost /と表示されれば、大成功です!!
 
 
ということで、もし同じ現象が起きた方は、上記コンソールに入って出てから、ターミナルを起動しましょう!
 
 

インストール方法

こちらは簡単です。デベロッパーモードで起動したら、chromeブラウザで下記にアクセスしてください。
 
https://goo.gl/fd3zc
 
 
ダウンロードされましたか?そうしたら、全セクションで説明した【CTRL】+【ALT】+【t】でターミナルを起動しましょう。そこで、「shell」と打ち込みます。chronos@localhostと表示されましたでしょうか?
 
それでは下記コマンドを打ってください。
$ sudo sh ~/Downloads/crouton -r trusty -t unity-desktop
 
ここからが非常に長いです。僕はYoutubeやご飯を食べて時間を潰しましたが、1時間はかかりました。。。。暇つぶしに何をするか考えましょう。
 

 
ひたすらこんな画面が動き続けます。電源が落ちないように、電源を接続して実施しましょう。
 
 
インストールが完了すると、Ubuntuで利用するユーザ名やPWを聞かれますので、任意のものを入れてください。ユーザ名は一回、PWは2回いれます。PWは表示されないので、なれない人は打っていない感覚になるかもしれませんが、気にせず打ち込んでください。PWを打ち込んだらENTERキーを押すと入力完了となります。
 

 
これが完了したときの画面です。一番下に青文字でユーザ名を入力されている行が見れますでしょうか?こんな感じになります。本当に画像が汚くてすみません・・・(;・∀・)
 
ここでインストールは完了です。続いてお楽しみのUbuntuの起動です!
 
 

Ubuntuを起動しよう!

さっそくですが、下記コードでUbuntuが起動できます。
chronos@localhost / $ sudo startunity
 
 
 

 
 
はい!!!!!!どうでしょうか!?
 
さくっとインストールできました!(ボソッ。。。僕は想定の3倍以上時間かかったけどね。。。。_| ̄|○)
 
ここまででUbuntuのインストールは完了です。
 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?本日は廃○ChromebookにUbuntuのインストールまでの仕方をご説明しました。思ったより簡単だったのではないでしょうか?次回はインストールしたUbuntuの日本語化、そしてスペックなどについてお話したいと思います。
 
 
最後までお読みいただき有難うございました。
 
 
はぁ、、、、疲れたなぁ。。。。

ブログランキング
人気ブログランキングへ

lumbini

三十路間近サラリーマンのルンビーニです。海外を愛し、海外にて育てられ、海外によって性格が大きく変わりました。自由を求めて、インターネットを利用したビジネスをはじめましたが、、、、、上手く行ってません。上手く行っていない部分を赤裸々に日記、備忘録として残していきます。成功事例もあるかもしれませんが、本当に成功したい方は他のサイトを見たほうがよいと思います。笑)使える言語はPHP・HTML・CSS・Matlab等です。サラリーマンではプログラミングは一切使いません。営業ですから…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です