「いつ」「何が」注目を集めているか確認できるツール


 
 
こんばんわ。ルンビーニです。昨日は飲み過ぎまして、二日酔いです・・・・。そして、ブログを一日おやすみしておりまして、すみません。。。。
  
最近はフロントエンド・バックエンドはtkにお願いしており、プログラム自体は音沙汰しておりました。しかしながら、とある発想により久々にプログラムを書いてみたので、公開したいと思います。ツールの内容は「いつ」「何が」注目を集めているか確認できるWebアプリケーションです。
 
本記事では「なぜ」このWebアプリケーションを作ったかと、「内容」についてお話します。
  

「なぜ」作成したか?

SEO対策やサイトのターゲティングなどを実施する上で、Google Trends、Google Correlate、Google adwords(キープランナー)といったツールが必要不可欠です。かなり有益な情報が手に入るので、私も使っているのですがインターフェースが重くて・・・・。
 
なんとか、もっと簡単に調べられないかなぁ〜と思って、すぐ浮かんだのがGoogleのAPIです。Googleさんは非常に優しいので、APIでも開放しているかな?と思ったのですが。。
   

結果無し(*´ω`*)
  
インターネット上で様々な記事で、ベースポイントURLやどこにアクセスすればいいかと記載があるのですが、Googleの利用規約を見ると、提供しているインターフェース以外からのご利用はご法度、そして使っていることがわかれば制裁を加えるみたいな文言がありました。
 
さて積んだかな?(-_-;)基本的にルールは守って行かなければ後々自分が困ってしまいます。
 
 
(・∀・)!!!!!!
 
 
インターネット上で流れているワードを探せばいいじゃない?GoogleTrendsはgoogle検索で検索されたワードをビッグデータとして使っているだけよね?
 
と、い、う、こ、と、は
  
例えば、Aという言葉がインターネット上で流れているということは注目を浴びていて、AがGoogle検索で検索される数も超高いんじゃない!?
  
むふふふ、プログラム作ってみよう!早速作ってみた結果がこちら。
  

 

  
上がGoogle Trendsで下が今回の自作アプリ。ともにホワイトデーについて調べました。(横軸がずれててすみません・・・・)
  
!!!!!!
  
相関係数も調べましたが、ほぼほぼ完全といっても過言でない。しかも、Google Trendsは1週間毎にサマライズされてるけど、僕のは1日毎!あっひゃー!これは使えるかも!
  

内容

 
さて今回の内容ですが、今回作ったツールでは以下のことが確認できます。
 
1.とある言葉(※1)に対していつ世の中の注目度があるかについて ※1:1つの言葉のみ対応。複数の言葉は不可(例:ポケモン ブラック等)。「ポケモンブラック」なら対応可能。
  
2.とある言葉に対して10個まで関連度の高い言葉(相関が高い)が表示される。
  
3.とある言葉に対する、Google検索のランキングが10個まで確認できる。※こちらはGoogleAPIを利用しております。無償プランで利用しているため、1日の利用が増加した場合、突然表示されなくなることもありますのでご留意ください。その場合は、次の日には表示されます。
  

ご利用方法は皆様の自由です。ただし表示あまりにご利用されると表示されなくなったりといった不具合が現段階では発生しますので、予めご理解の上ご利用ください。。。とりいそぎ、作ったので公開しましたので。。。。ちなみに、私は以前Amazon輸入をしていたのですが、Amazon輸入ではこれは利用できると思います。Amazon輸入の場合、今どの在庫がなくなって、どれが利益が出やすい、これを買おう!といった視点になりがちですが、このWebアプリケーションを用いることで、いつごろに仕入れをして、いつ頃にFBAなどに出荷(出品)をすれば良いかといったことを可視化でき、違う観点でのビジネスもできると思います。
 
Amazon輸入に興味がある方・実施されていらっしゃる方は、試しに「ハロウィン」と調べて見てください。ハロウィンがいつ頃、世の中で注目し始めるかがわかります。ちなみに、今は情報の流れている量を最大値として、正規化しているのでわかりにくいですが、今後もし需要があれば、Amazon輸入に特化したWebアプリケーションを作ってみようとおもいます。
  

Webアプリケーションはこちら

  
ただし!!
ご利用にあたり当サイトは一切責任を負いませんので、ご利用は自己責任でお願いしますm(_ _)m
  

雑談

 
サラリーマンをやっている上でも、最近はよくビッグデータという言葉を耳にします。皆様も経験ないですか?
しかしながら、ビッグデータという言葉だけが有名となり、そして先行してますね。トップダウンで「ビッグデータを使って何かしよう」「IoT使って何かしろ」と言われた経験がある方もいるかと思います。
  
その「何か」が一番重要なんだよ!と笑 集めるのはいいけど、それを活かすのが難しい!!!一番難しいのに言葉だけが先行して担当者は困りますよね〜。「うんうん、わかるよ。」頷いてくれる人がいると嬉しいです笑
  
と脱線しましたが、このアプリケーションもまさにそれで、あくまでビッグデータのデータを表示しているだけに過ぎません。ビジネスモデルはこの後、このデータを用いて具体的に何をするかにかかっています。暫くはデータを眺めるだけにしますが、今頭にあるアイディアは追って皆様に開放したいと思います。
   

こんなこと書いていると「そんな暇あったらタスクやれ!」とtkに指導をうけそうですが、、、、笑

ブログランキング
人気ブログランキングへ

lumbini

三十路間近サラリーマンのルンビーニです。海外を愛し、海外にて育てられ、海外によって性格が大きく変わりました。自由を求めて、インターネットを利用したビジネスをはじめましたが、、、、、上手く行ってません。上手く行っていない部分を赤裸々に日記、備忘録として残していきます。成功事例もあるかもしれませんが、本当に成功したい方は他のサイトを見たほうがよいと思います。笑)使える言語はPHP・HTML・CSS・Matlab等です。サラリーマンではプログラミングは一切使いません。営業ですから…

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です