あなたのサイトが規約違反?Youtube動画の正しい掲載方法!

こんばんは。ルンビーニです。
ご無沙汰しております。

色々ありまして、少々お時間が取れませんでした。
(# 飲み会ばっかりだったとかは決して、、、決して言いませんよ。。。)

youtubeをコンテンツとして利用されていらっしゃる方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

僕も保持しているサイトで利用させて頂いております。

皆様youtubeの利用規約は熟読されていらっしゃいますでしょうか?

本日は利用規約の中でも重要な点について、利用規約を引用しながら「Youtubeをコンテンツとして正しく利用しよう」と名目を立てご紹介いたします。

以下簡単な本記事のまとめです。

知らない間に利用規約違反している!?
Youtubeとgoogle adsenseの組み合わせは注意が必要!?
商用利用で動画の利用はNG!?

前談

まずコンテンツを配布することだけに特化するのでなく、簡単にYoutubeのコンテンツをアップロードする側の重要な規約(私たちに関係ありそうな部分)についても学んでいきましょう。私たちに関係ありそうな重要な文言があります。
 
 

YouTubeが所有又は管理しない第三者のウェブサイトへのリンクを含むことがあります。

本サービスを利用することにより、お客様は、お客様による第三者のウェブサイトの利用から生じる一切の責任から、YouTubeを明示的に免除するものとします。

 
 
1つ目の文言では、Youtubeをアップロードする側の人に対して、Youtubeが所有するサイトだけでなく、youtubeもまったく分からない第三者のウェブサイトにて利用をされることがありますよ!といったことを明記しております。

2つ目の文言では、第三者のウェブサイトで利用されて問題が発生した場合でもYoutube側は関与しないですよ!アップロード側とウェブサイト保持者にてどうにかしてくださいね!!と明記してますね。ここには明記ないですが、著作権がYoutube側にも渡るのに、トラブルはごめん!勝手にしてちょ!といったスタンスですね。

上記の通り、まず第三者のウェブサイトでアップロードしたコンテンツを利用されることに対してアップロード主には許諾させております。まずここまでで、第三者のウェブサイトで掲載する事は問題ないことが明記されており、今現在、「勝手に掲載しているな!」といわれていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、ご安心ください。今のところ50%大丈夫です笑

なぜ50%は続きでご説明します。





 
 

Youtubeのコンテンツの使い方

Youtubeの利用規約では、Youtubeの利用方法について下記の通り明示してます。
 
 

4. 本サービスの一般的な利用–許可及び制限事項
YouTubeは、ここに、本サービス条件に定める本サービスにアクセスし、利用する許可をお客様に付与します。ただし、以下を前提とします。

 
 
それでは本内容からピックアップしてご紹介します。
 
 

お客様は、YouTubeの事前の書面による承認なく、本サービスまたは本コンテンツのいかなる部分(本コンテンツ(以下に定義します。)を含みますが、これに限られません。)をもいかなる媒体によっても配布しないことに合意します。ただし、YouTubeが、かかる配布を可能にする本サービスの機能(Embeddable Player等)を提供している場合は除きます。

お客様は、本サービス自体の動画再生ページ、Embeddable Player、又はその他YouTubeが明示的に認めた手段以外のあらゆる技術及び手段を通じて、 本コンテンツにアクセスしないことに合意します。

 
 
基本的に再配布は駄目!!書面で承認してからにして!!でもYoutubeが公式に配布を可能しているツールでの場合は許可するよ♪即ちYoutubeの動画なりをダウンロードして自身のサイトに張ったりするのは完璧NG行為です。
 
 

お客様は、本サービスのどの一部についても変更又は修正しないことに合意します。

 
Youtubeが公式に配布を可能にしているツールを使っても修正とかはだめ!!たまに広告や自身のコンテンツをYoutubeの動画にオーバーレイで表示しているような方を見受けられますが、こちらもNGです。変更・修正にあたります。
 
WordPressを利用されていらっしゃる方で、オーバーレイ表示をするようなプラグインがありますが、そちらは厳密にはNGですのでお気をつけください。
 
 

お客様は、本サービスを、YouTubeの事前の書面による承諾なく、以下に記載する商業目的に利用しないことに合意します。

 
 
ここが一番重要です!!
 
 
商業利用の幅が人によって異なったりするので、まず辞書を定義としてお話をすると、Youtube側の承認なしで営利目的で利用をすることはNGです。

利益が発生してしまうのはNGです。
 
 
ここで商業利用の定義は、【営利目的で利用すること。その資源を二次利用したり、販売チャネルとして用いたりすることで、利益を得ること。】=「商用利用」としています。
 
ん?
 
 
となると、ブログに広告やアフィリエイトを張っている場合は、引っかかるんじゃないか・・・・? 
 
これも50%大丈夫です笑
50%は続きにて、ご確認ください。
 
 

商業利用について

商業利用については、さらに細分化され説明されております。下記がしてはいけない事です。
 
 

本サービスに対するアクセスの販売

本サービスまたは本コンテンツ上またはそれらの中に掲載する広告、スポンサーまたはプロモーションの販売

本サービスにより提供される本コンテンツを含む、広告表示を可能にしているブログやウェブサイトにおける、広告、スポンサーまたはプロモーションの販売。ただし、YouTube以外から得られるマテリアルが同一のページに表示されており、かかるマテリアルが、広告、スポンサーまたはプロモーションの販売のベースとなるために十分な価値を有している場合を除きます。

 
 
だんだん言葉が難しくなってきますね。。。。。上記3文ありますがここでわたしたちに該当しそうなことは3つ目です。
 
 
3つ目を要約すると、
 
あなたのブログなりにYoutubeを張るのはOKです(ただし私たちの提供している方法に基づいてね?)。そして広告やら収益化の要素があってもいいです。
 
 
でも!!!
 

 
あなたの作ったコンテンツ収益化にしっかりつながるような価値があるならね?
 
Youtubeのコンテンツをとしているページは絶対ダメだからな?
 
といった感じですね。
 
 

ウェブサイトに張る際に

前のセクションにてyoutubeに動画を張ること自体は問題ないことを説明しましたが、しっかり下記のことが説明されてます。
 
 

お客様が自己のウェブサイト上でEmbeddable Playerを使用する場合、お客様は、Embeddable Playerのいかなる部分や機能(YouTubeウェブサイトへのリンクを含みますがそれに限りません)についても、修正したり、改造したり、ブロックしてはなりません。

 
 
何かわけわかんないこといってんな~?と思った方もいらっしゃるかと思います。
 
即ち、変な・特殊な方法で動画をはっちゃだめだよ!と言っているだけです。
 
 
Youtubeでブログに張る、twitterに張るといったボタンがありますよね?あれをそのまま使っている方は問題ないと思ってください。

 




 
 

コンテンツの使用について

ここからは補足情報になるかと思います。そのため、不要であれば最後まで飛ばして頂ければと思います。最後にまとめを簡単に記載しております。
 
 

Youtubeコンテンツの追加制限及び条件

今まで中心的な制限について話をしてまいりました。ここでは、アップロード側への注意事項が多いですが補足として記載いたします。説明は割愛していきますね。その代わり、赤字が重要な部分となります。
 
 

本サービス上の本コンテンツ並びにこれらに含まれる商標、サービス・マーク及びロゴ(以下「本マーク等」といいます。)を含みますが、これらに限られません。)は、法令に基づく著作権及びその他知的財産権にしたがって、YouTubeにより所有され、又は、YouTubeに対しライセンスが付与されています。

本コンテンツは、「現状有姿」でお客様に提供されています。お客様は、本コンテンツに、本サービスの機能により意図されており本サービス条件により認められている限度で、参考目的での個人的な利用のためにのみアクセスすることができます。お客様は、「ダウンロード」または同様のリンクが本コンテンツについて本サービス上でYouTubeにより表示されている場合を除き、いかなる本コンテンツもダウンロードしてはなりません

お客様は、YouTubeまたは関連する本コンテンツのライセンサーからの事前の書面による同意なく、コピー、複製、送信可能化、出版、翻案、配布、放送、表示、販売、ライセンス付与又はその他一切の他の目的のために利用されてはなりません。YouTube及びそのライセンサーは、本コンテンツ内で並びに本コンテンツに対して明示的に付与されていない、一切の権利を留保します。

 
 

おまけ

実はこんな文言もありました。
 
 

お客様は、本サービスを利用する際、種々の情報源からの本コンテンツにさらされること、及び、YouTubeが本コンテンツについての又は本コンテンツに関連する正確性、利用価値、安全性若しくは知的財産権に対して責任を負わないことを理解しています。お客様は、さらに、お客様が不正確、侮辱的、下品又は不快な本コンテンツにさらされる可能性があることを理解してこれを了承し、これにつきYouTubeに対して有する又は有する可能性のある法的又は衡平法(エクイティ)上の権利又は救済方法を、放棄することに合意してここに放棄し、お客様による本サービスの利用に関連する全事項に関して、法令上最大限可能な限り、YouTube、その所有者/運営者、関係者及び/又はライセンサーを補償し、損害を与えないものとします。

 
 
上記非常に興味深いですね~~~

正確性などについて責任を負わない、これは理解できます。
 
しかしながらGoogleの取り組みとしては、情報が不確か・利用価値がないものを除外する方向ですので、今後この文言がどのように変更がされていくかが楽しみです。
 
もちろん全部を除外することはできないので、リスク対策としてこの文面は残していくことが想定はできますが。。。
 
 

著作権がらみの補足

アップロード側への話にはなりますが、著作権がらみは下記のような文言もあります。
 
 

お客様は、自己の本コンテンツ及びそれらの本サービスへの投稿又は公表に伴う結果につき単独で責任を負うものとします。 お客様は、お客様が、本コンテンツを公開するために必要なライセンス、権利、同意及び許可を有していることを確認、表明及び保証します。お客様は、本サービス規約に従い本サービス上で本コンテンツを公開するために、かかる本コンテンツに対する一切の特許権、商標権、企業秘密、著作権若しくはその他の財産権についてのライセンスをYouTubeに提供します。明確にするために付言すると、お客様は、ご自分の本コンテンツに対する所有権を全て留保します。

お客様は、本サービスに投稿する本コンテンツには、第三者の著作権により保護された マテリアルや、その他の第三者が財産的権利を有するマテリアルが含まれないことに同意します。ただし、お客様が当該マテリアルを投稿すること及び本サービス条件により付与されるライセンス をYouTubeに付与することにつき、正当な保有者から許可を得ている場合またはその他の法的な権限を有する場合を除きます。

YouTubeは、いかなるユーザーやライセンサーにより提出される本コンテンツ又はそこに表明されるいかなる意見、推薦若しくは助言を支持するものではなく、YouTubeは、本コンテンツに関連する一切の責任を明示的に放棄します。

 
 

ウェブサイトの商用利用が禁止されるケースと許可されるケース

YoutubeではFAQも存在し、FAQでは下記のような文言が御座いました。
 
 

YouTube では利用規約を更新し、ウェブサイトと YouTube 埋め込み型プレーヤーの使用方法としてどのようなことが許可されるかを明確にしました。
ブログで時々 YouTube の動画を貼り付けてコメントを付けたり読者に好きな動画を見せたりすること自体は問題ではなく、それが一般向けの広告を含んでいるブログであったとしても YouTube はその行為を禁止しません。ただし、大量の YouTube 動画を埋め込んだだけで、意図的に広告収入を得ようとするだけのウェブサイトは、利用規約に違反しているものと見なします。

 
 
うーーん。
 
 

これだと、「時々」「大量」が定性的なので難しいところではありますよね。。。
 
まずYoutubeとGoogle adsenseの組み合わせは避けたほうが無難といえるでしょう。
 
Google adsenseはある程度の収益があるとサイトを定期的に訪問します。そこで、Youtubeを主としたサイトであれば、もちろん同じ会社内なのでBANすることは考えられますよね。
 
 

まとめ

それでは下記おさらいとなります。
 
 
◆結論◆
Youtubeの動画を自身のウェブサイトで載せること自体は問題が無い。
(趣味のブログなどで動画を貼り付けて、読者に紹介すること自体は一切問題ない。)

◆条件◆
Youtubeの公式に配布・広報されている手段にて動画を張ること
Youtubeに投稿されている動画を修正・変更しないでそのまま掲載すること
Youtubeのコンテンツを使って収入を得ようとしないこと。

◆グレーゾーン◆
上記条件と利用規約を見ると。。。。
自身の書いたコンテンツが主であれば、収益を目的としたウェブサイトでもYoutubeの動画を使っても良い。
大量にYoutubeの動画を使わなければ、利用規約に反していない。

 
 

グレーゾーンについては、正直誰もわからないかと思いますが、利用規約を読んだ限りグレーゾーンで攻めることが出来るかもしれません。
ただし、基本的に避けたほうが無難だと思います。
 

 

ルンビーニからの助言

上記グレーゾーンを攻める場合は、Google adsenseとの併用はしないほうが良いと思います。前のセクションで説明したとおり、同じ会社で、Google adsenseは収益が増えると定期的にサイトをチェックします。

BANされる可能性が高くなるでしょう。
 
 
バリューコマースなど別のサイトで実施することで、Google adsenseのBANは回避できると思います。YoutubeとGoogle adsenseのチームは別部署(事業部)であると思いますので、同一社内の問題に関与しなければ、わざわざyoutube側に報告はしないでしょう。そしてyoutubeに報告されても痛くもないかと。。。。ボソッ
 
バリューコマースの紹介記事はこちら
 
A8.netの紹介記事はこちら
 
gamefeatの紹介記事はこちら
 
 

正しくYoutubeを利用しよう

皆様如何でしたでしょうか?本日は、ウェブサイトでyoutube動画を利用する際の問題点について、利用規約をもとにご説明しました。
 
天下のGoogle様のサービスは結構厳しい制約があります。
 
アフィリエイトでお金を継続的に稼ぐにはルールを順守し構築することをお勧めいたします。
 

何かご意見・経験などが御座いましたら、ご連絡ください。

ブログランキング
人気ブログランキングへ

lumbini

三十路間近サラリーマンのルンビーニです。海外を愛し、海外にて育てられ、海外によって性格が大きく変わりました。自由を求めて、インターネットを利用したビジネスをはじめましたが、、、、、上手く行ってません。上手く行っていない部分を赤裸々に日記、備忘録として残していきます。成功事例もあるかもしれませんが、本当に成功したい方は他のサイトを見たほうがよいと思います。笑)使える言語はPHP・HTML・CSS・Matlab等です。サラリーマンではプログラミングは一切使いません。営業ですから…

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です